講座・イベント情報

みんな仲間だ!フェスティバル2022 ケアする人もケアが必要な人も健康で安心して暮らし続けるために

社会・暮らし

少子高齢化が進み、単身世帯も増え、身近な家族にもケアの担い手がいない…
自分事になったら、仕事を続けられるの?学校に行けるの?お金は?体力気力は?
どこに、誰に、助けを求めたらいいの?相談するところはあるの?・・・
不安や疑問・孤立を感じながらも(家族だけで)抱え込んでしまう。「ダブルケア」の支援に取り組む講師から、「ダブルケア」の現状と課題だけでなく、ケアする人と地域のつながり方等、課題解決のヒントも学ぶ機会とします。

13:05~基調講演 ダブルケアって何?私たちにできること
          ー社会的孤立をなくし、ヤングケアラーとなる世代間連鎖を防ぐにはー

14:05~ゲストの活動紹介

14:30~テーブルトーク

15:20~ミニ・ライブ

16:00~世界人権宣言朗読


講師 宮内 葉子 さん 任意団体 君彩(きみどり)代表
 子供時代はヤングケアラーを経験。今も続く12年間のダブルケアの経験より、ダブルケア専門家として「君彩(きみどり)」代表を務め、集いの場「介護おしゃべりカフェ」「ダブルケアぽけっと」を運営。講演、セミナー、コラム執筆など、幅広く活動中。

ゲストスピーカー 荒井 美紀 さん
 1985年生まれ。ひとりっ子。中3で母が死去、父子家庭となる。出産とほぼ同時に父が末期がんの告知を受け、短期間ながらもダブルケアを経験。2022年「ダブルケア東大阪」を立ち上げ、周知啓発などの活動を行う。著書に「ダブルケア」(星湖舎)。

ミニ・ライブ mikaさん
 大阪府堺市在住。ギター弾き語りシンガー。ジャズやポップス、童謡など幅広いジャンルの曲をオリジナルにアレンジして演奏する。視覚障害というハンディがありながらも、2020年シドニーで約3か月間、路上のパフォーマーとして活動。現在は地元のカフェなどで不定期にライブ活動をおこなっている。

2022年12月10日 ~  2022年12月10日  13時0分 ~  16時30分 

どなたでも

50

無料

手話通訳(13時~14時20分)締切 11月30日(水)

会場情報

クレオ大阪中央

06-6770-7200

大阪市天王寺区上汐5-6-25

申込条件・記載事項等

主催:みんな仲間だ!フェスティバル2022実行委員会、大阪市立男女共同参画センター中央館 実行委員会:(公社)アムネスティ・インターナショナル日本なにわグループ、(公財)オイスカ関西支部、だるま塾、親子ネット関西、(一財)大阪市男女共同参画のまち創生協会

未定

543-0002

大阪市天王寺区上汐5-6-25

06-6770-7200

06-6770-7705

下にある各種ボタンをクリックしてください。申し込み手順が表示されます。

インターネットで申し込みを希望される方は「ネット申込」ボタンをクリックしてください。

あり

あり。
一時保育(1歳~就学前)を希望の方は、子どもの氏名(ひらがなで)と生年月(○年○月生まれ)をお書きください。

保育料は1人1回あたり1歳~2歳 800円/回 3歳~就学前 500円/回。当日に納入していただきます。

一時保育(13時~14時20分)締切 11月30日(水)

あり

手話通訳の必要な方はその旨をお書きください。